転職サイト 30代 未経験

転職サイトに30代で応募するポイント

転職サイトの未経験の求人に、30代で応募するポイント

転職サイト,30代,未経験

転職サイトの求人を検索していると、未経験の方歓迎というコーナーや求人を見かけます。しかし、自分が希望する求人がそこにはなく、逆に「実務経験者優遇」と表記されていると、その求人に応募するには勇気が要ります。 また、転職サイトの中には「応募書類の書き方」や「面接の対策」の解説に、未経験職種への応募の場合にはどうすればいいのかというアドバイスがあります。特に30代で求人に応募する場合には、「今まで何をやってきたのか」や「今までの仕事でどのような能力・スキル・経験があるのか」を問われることになります。 そのような30代ではハードルが高い、経験がない職種に応募するには、今までの仕事で身につけた能力やスキル、人脈などが、応募したい仕事で役に立つかどうか、検討してみることが必要です。経理などの専門性が高い職種を除けば、経験がない職種であっても自分の持っている能力、スキルなどが活用できるものがあります。 また、経験がない職種であっても、求人を出している企業の事業内容や企業理念などを良く知っている、または良く調べることや、その企業の属する業界を良く知っていることにより、採用の可能性が高まる場合がありますので、諦めずに応募することが採用されることへの近道になります。 61

第二新卒で転職サイトを利用する際の注意点

転職サイト,30代,未経験

第二新卒とは、学校等を卒業して一旦就職した後、短期間のうちに転職を志す人のことを指します。前職での経験は基本的に考慮されず、即戦力として期待はされませんが、基本的なビジネスマナーは身についている若手社員として、採用に積極的な企業も多いです。 ですが第二新卒での転職は、新卒での採用よりも圧倒的に不利というのが一般認識です。理由は、「短期間で退職するような社員は、またすぐに退職を考える」というイメージが世間一般にあるからです。 たとえ本人にそのような気が全くなく、周りの社員がそういう考えでないとしても、忍耐力の無い社員だというレッテルはそう簡単に剥がせるものではありません。 その為、転職が決まった際も、飛び込みで営業をさせられるようになったとか、残業の時間が他の新入社員よりも多いなどといった、使い捨てにされるような事態になることがとても多いようです。 第二新卒者が転職サイトを利用して転職する際に特に注意する点は2点、「新卒時の時よりも、更に入念な下調べ」と「早期に転職する理由」を明確にすること。 「イメージが先行して入社後にギャップを感じてしまった、こんなハズではなかった。」というのはまさに決まり文句であり、退職理由の筆頭です。 これ以上経験社数を増やさないためにも、転職サイトを上手く利用して、希望する会社への就職を勝ち取りましょう。 62

ホーム RSS購読 サイトマップ
63